クレジットカードを持つ際の注意点

クレジットカードってとっても便利ですよね。もう、持っていない人なんていないのではないでしょうか。こんなに普及しているのに、実はクレジットカードの取り扱いを分かっていない人が沢山いるのです。少し、クレジットカードの取り扱いについて簡単にご紹介します。


クレジットカードにしてはいけない事

まず、基本的に時期を帯びているものに近づけてはいけません。近づけたらすぐにダメになってしまうわけではありませんが、長い時間近づけておいたり、度々近づけておいたりしまうと、結果的にカードが利用できなくなってしまう可能性があります。例えば携帯電話やテレビ、オーディオ機器。このようなものにはなるべく近づけないようにしましょう。また、パンパンになった財布に無理に押し込むと、曲がってしまい利用が出来なくなる可能性もあります。ICチップの箇所を傷つけたりすることも利用に支障をきたします。注意しましょう


IDやパスワードはわかりづらいものにする

カード会社から注意があるにも関わらず、分かりやすいパスワードに設定している人が沢山います。これは、他人に悪用されてしまう可能性を高めます。安易に考えている人が多いようですが、絶対に守った方がいいことです。

旅行が多い人に便利な国際クレジットカード

海外に行くときにいちいち両替をしていては手間なものです。たまの旅行ならそれも楽しいかもしれませんが、頻繁に海外に行く人にとっては煩わしいものです。そんなときに便利なのが国際カードと呼ばれるクレジットカードです。


<国際カードの利点>

国際カードの最大の利点は、多くの国でそのまま使えることです。クレジットカードが未発達の国でなければ多くが利用でき、アメリカやヨーロッパではまず利用できないことはありません。世界的なカードは5種類あり、日本でもこれらのカードを作ることや利用することは難しくありません。また、両替手数料も決して安くはありません。クレジットカードのほうが手数料は安く済む場合がほとんどです。


<クレジットカードは旅行に便利>

クレジットカードは他にも旅行に便利な特徴を持っています。海外旅行傷害保険や現地のサービス窓口によるサポートが充実しているので、使わなくても持っているだけで効果を発揮します。急にお金が無くなってもキャッシングが利用できたり、もし落としても多くのカードは勝手に使われてしまった金額を保証するサービスがあるので現金よりも便利になっています。旅行に適したサービスが充実しているので、国際カードはそうした人に適しているのです。

スポンサーになっている会社でクレジットカードを選ぶ

クレジットカード会社はアミューズメントパークなどの公式スポンサーになっていることがあります。三井住友VISAカードは、ゴルフの太平洋マスターズの公式スポンサーですし、JCBは東京ディズニーリゾートの公式スポンサーとなっています。そこで公式スポンサーになっている会社でクレジットカードを選ぶという手段もあります。


ディズニーファンが絶対に持ちたいクレジットカード

ディズニーファンであれば持っておきたいクレジットカードがJCBのクレジットカードです。現在、ディズニーデザインのクレジットカードも発行できるようになっており、渋谷のディズニーストアなどでも入会を受け付けています。ディズニーではJCBの会員限定パーティーなども行われているほか、JCBであればパーク内のクレジット決済をサインレスで利用できるなど特典もたくさんあるそうです。


オリンピック公式スポンサーも

4年に一度行われるオリンピックでも、カード会社はスポンサーを勤めています。VISAは五輪公式スポンサー企業なので、オリンピック会場でのクレジット決済などでは非常に利用しやすい、開催されるたびに条件などは変わるものの、ショッピングではVISA以外のクレジットができなくなることもあると言われています。

クレジットカードのデメリット

メリットだらけに見えるクレジットカードですが、もちろんデメリットもいくつかあります。そして声高にいわれているクレジットカードのデメリットは、使い過ぎで支払いができなくなってしまうこと、そして犯罪に巻き込まれてしまうこと、この2つではないでしょうか。


<使い過ぎない、情報漏えいに気を付ける>

クレジットカードは個人の信用を元に付与されたカードです。そのカードを使って自分の信用を失っては本末転倒です。悪気なく約束を忘れたり、借りたものを返し忘れたりする人は、少し注意が必要です。クレジットカードを使うときも自分がツケで買い物をした事実を忘れ、たくさん買ってしまいがちだからです。特定のタイプの人にとっては、この部分がカードを所持する上での大きなデメリットになりうるでしょう。

ほとんどの不正利用については、被害者の申し出によってカード会社側が対応してくれます。しかし明細を確認せず、不正利用された額が少額だった場合、見落とすケースもあるでしょう。忙しくて面倒なときでも、利用明細は必ずチェックしなければなりません。そして最近は不正利用の方法も高度化してきました。なるべく犯罪に巻き込まれないように、どのような手口が流行っているのか日々注意しておく必要があります。

クレジットカードのメリットについて

クレジットカードを持っている人が多くなってきていますが、そのメリットとは何なのでしょうか?
それは、現金いらずでお買い物をすることが出来るところだと言われています。
お財布を開けてみたら思っていた以上にお金が入っていなかった・・・なんていう経験のある人もいるのでは?
そういった時に、このカードがすごく役に立って便利なものになるんです!


クレジットカードは一括払いが良い?

クレジットカードを利用する時に、支払方法を決めることが出来ますが出来れば一括払いを選んだ方がいいですね。
もちろん、無理にではなくて一括でも大丈夫な人に向けてお勧めをしていますので、無理はしないようにして下さい。
分割払いやリボ払いだと金利手数料がかかってしまいますが、一括払いだったら金利手数料が0円なのでお得だと思いますよ。
手数料って出来ればあまり払いたくないですものね・・・安かったらいいかもしれませんが・・・。


保管の仕方について

クレジットカードは現金の代わりとして使えるものなのですごく便利ですが、だからこそ盗難や紛失した時には大変なことになってしまいます。
カードを出すだけで簡単にお会計が出来てしまうので、悪用されないように保管しておくことが大事になってきます。
出来れば肌身離さず持っているのが理想的ですが、お財布の中にきちんとしまっておくのがいいかもしれませんね。
裏面にあります磁気ストライプはとても大事な部分ですから、傷つけたり汚したりしないように、注意をして下さい。

クレジットカードは何で決めれば良いの?

今ではクレジットカードをお持ちの方も多くなってきているのではないかとは思いますが、皆さんはどこに魅力を感じて現在お使いのカードを選ばれたのでしょうか?
やはり比べるところは人によって違ってくるかとは思いますが、やはり一番は低金利なところで選ばれたのでしょうか。
または、年会費や還元率、デザインや特典で選ばれた方もいらっしゃるのではないかと思います。
今回はどんなものが一番自分に合っているのかについてお話したいと思います!


クレジットカードは目的で選ぶのが良い?

今では色々な種類のクレジットカードがありますが、その中でどれが一番自分に合っているのか分からない方もいるのではないのでしょうか。
そこでお勧めしたいのがカードのランキングサイトなんです。
ここでは多くのクレジットカードが紹介されていますので、他のクレジットカードと比較が出来ますし、参考にもなるかと思いますのでよろしいかと思います。
年会費で選ぶ、金利で選ぶなどといった項目別カテゴリーもありますので、何を比較したら良いのか分からない方にはとてもおすすめです!


初心者の方でしたらこちら!

初めてカードをお持ちになる方でしたら、年会費が無料のカードをおすすめします。
一切お金がかかりませんので安心してお持ちいただけると思います、また、普段はあまり使わないけれどいざという時のために持っておきたいという方にも非常におすすめです!
ですが、ご利用の際には余裕をもって計画的に!

クレジットカードをデザインで選ぶ

クレジットカードは年会費や入会費がかかるもの、永年無料で利用できるものなど、様々な種類のものがあります。現在では、クレジットカードのデザインも非常に豊富になってきました。人気のキャラクターなどがデザインされたカードは非常にかわいいものからかっこいいものまであります。


クレジットカードを持つならおしゃれなカードを

せっかくクレジットカードを持つのなら、持っていておしゃれな、かわいいカードがいいと思いませんか?丸井が発行しているエポスカードはエポス・デザインカードというものを発行しています。74種類ものデザインから選ぶことができて、富士山や大自然の写真から、スウィーツ、動物まで様々なクレジットカードがあります。迷彩柄や水玉などのシンプルでデザイン性の高いものもあります。


アニメとのコラボカードもある

エポスカードではありませんが、そのほかのクレジットカードでは人気の高いアニメとのコラボレーションを行っています。ゲゲゲの鬼太郎やアトム、ガンダムなどです。またらき☆すたやラブプラスなどコアなファンのたくさんいるキャラクターもあるようです。ゲームのキャラクターもカードのデザインとなっているようです。中には期間限定で受け付けているものもありますから、しっかりチェックしましょう。

参考リンク:クレジットカード攻略ガイド(http://www.confibienesraices.com/)

クレジットカードのお得さとステータスの兼ね合い

クレジットカードを持つ意味は何もショッピングでの利用に役立つからといった理由だけではありません。例えばクレジットは利用する事で金券類と交換できるポイントが貯められる為その分現金会計よりお得だという考え方があります。またクレジットは社会的信頼の証と考えている方も多く持っている事がステータスだという人もいます。しかし実際の問題として、必ずしもお得なカードとステータスが高いカードはイコールではありません。


両者に潜む問題点

クレジットカードはステータスが高いだけでも、ポイント還元率が高くお得なだけでもいけません。例えばステータスが高いカードは年会費も高い傾向にあり、せっかくポイントを貯めても年会費の分あまりお得でない場合があります。またポイント還元率だけが高くてもステータスが低いカードだと、人前では出し辛く本来貯められていたはずのポイントを見栄で逃してしまう可能性もあります。また一部のステータスが高いカードは旅行保険なども充実しており、ホテルでの優遇割引が存在するものも存在する為、用途によっては結果的に損をしている可能性もあります。


目的に合せてクレジットカードを持つ事

その為クレジットカードは自分の目的にきちんとあったカードを利用するのが重要です。また普段の買物ではポイントをお得に貯めたいけど、これを営業先の人等と飲みにいった時の支払いで使うのはちょっと、といった方は還元率が高いカードとステータスが高いカードの両方を持っておくという手もあります。

クレジットカードのセキュリティ

最近、クレジットカードの個人情報流出が度々問題に上がる事があります。こういった事は、滅多に起こらないにせよ、紛失した時の対応はきちんと確認しておく事が重要です。クレジットカードでのショッピングではサインや暗証番号を必要としない事もあるので簡単に悪用されてしまいます。


クレジットカードの情報流出問題

もしも、自分が利用しているクレジットカード会社の情報流出のニュースが流れた時に行なうべき事はカード会社に直接問い合わせて正確な状況把握を行う事です。ネットなどの情報に踊らせず、事実を確認しましょう。そして、基本的な事ですが利用履歴の中に覚えもないものがないか毎回確認しておきましょう。それでも心配な場合は、クレジットカードの番号自体を変えてしまいましょう。手続きはカード会社に問い合わせれば簡単です。また公共料金や交通費など継続的な支払をクレジット払いに設定している場合は各サービス元に連絡して変更手続きを行いましょう。


盗難保険付きだから安心

個人情報の悪用、また紛失による悪用に関する損害の一切は本人が支払う義務はありません。なぜならどのクレジットカードにも盗難保険がついているからです。紛失が発覚した時点で利用停止手続きを行うのは勿論の事、その後見覚えのない利用履歴が発覚した場合は盗難保険の手続きを進めましょう。

注意すべきクレジットヒストリーの存在

クレジットカードの入会審査でチェックされる部分とは一体どんなところだと思いますか? 収入、年齢、職業など。そういった情報もとても重要になってきますが、意外と忘れられがちなのがクレジットヒストリーの存在です。クレジットヒストリーとは、文字通りクレジットカードの使用履歴のことです。


クレジットカードを持つならヒストリーを

クレジットカードの審査ではクレジットヒストリーがチェックされます。つまりヒストリーがある人の方が、無い人よりも多少有利になるということです。しかし支払いの延滞をよく起こしていたりすると、かえって不利になります。決してこういった有無や状況のみで審査が即座に決まるというわけではありませんが、クレジットカードを問題なく使っていたかどうかという証拠としてヒストリーは機能するので、できればあった方が良いでしょう。


まずは審査のゆるい会社に申し込みましょう

20代のうちは使用履歴が無くても仕方がないので厳しくは見られませんが、年齢を重ねていくごとに「カードは持っていて当然」という目で見られます。ですので、まずは審査のゆるいクレジットカードに申し込んで1枚カードを作りましょう。そこでしっかりとしたクレジットヒストリーを築けばそれ以降もカードが作りやすくなるのでオススメです。

クレジットカードと返済方法

クレジットカードは便利な商品ですが、先延ばしにした支払はきちんと返さなくてはなりません。クレジットによって立て替えた支払額の返済方法は一般的には3つの中から選ぶ事が可能とされており、それぞれ一括払い、分割払い、そしてリボルビング払いが用意されています。


クレジットカードの返済は一括払いがおすすめ

クレジットカードの返済手段はバリエーションこそ用意されているものの基本的には一括払い、あるいは一回払いがおすすめとされています。何故ならクレジットカードはそもそもあまり長期間の返済を前提に作られておらず、他の金融商品と比べても金利が高めに設定されているからです。一括払いなら基本的に利息がかかる事はなく、立て替えた額と同額の支払いで済む上ポイントも貯まるのでお得です。


分割払いとリボ払い

ただクレジットカードの用途は必ずしも一括払いが可能な事ばかりではありません。例えば現金で払うには高すぎる為高級ブランド店でクレジットカードを利用した、といったケースでは一括払いは大きく家計に響きます。このような場合は月々の支払額を減らす事ができる分割払いやリボ払いが有効となります。分割払いは会計に利用した段階で何回に分けて何か月で返すかを決めるので、かかる歳月分の利息が予め加わった総支払額を均等に支払回数で割った数が月々の支払額になります。リボ払いの場合は月々決まった額を返済する為、利息量は順次変動します。

クレジットカード増枠の諸注意

クレジットカードは制限無く支払を立て替えらえる訳では無く契約内容に準じた金額枠の中での利用となります。クレジットカードの限度額は商品によって異なりますが初回契約時から限度額いっぱいまで借りられる事は無く、どのような限度額のカードであっても最初は20万から30万前後となります。クレジットカードの利用可能枠を増やすには再度審査を受ける必要があります。


クレジットカード増枠の注意点

クレジットカードの増枠では基本的に初回契約時よりあなたの返済能力や信用が向上した事を示さなくてはなりません。特に重視されるのはあなたのクレジットヒストリーと呼ばれる利用履歴であり、滞納や不払いが無く一定の期間それなりの額を使っている事が評価されます。また、職場において年収があがった等も増枠審査では有効な情報ですが、逆に再審査のタイミングで以前より年収が下がった、仕事を失った等契約時より返済能力が損なわれた事が確認された場合限度枠は狭まる事もあります。


増えた枠の使い方

もし増枠の審査に通る事ができたら持っているクレジットカードの利用枠を広げる事ができます。また他にも増えた枠の分をそのまま2枚目のカードにする事も可能です。所持するカードが1枚でも数枚でも一個人に設けられている利用枠は共通となる為、40万まで使えるカードを1枚持つのも、20万まで使えるカードを2枚用意し片方を家族名義にして持つのも自由です。